ギリギリマイマイ

SELFI.SHドメインが自慢のウェブサイト。ガジェット、ライブ、税金、子育てなどまとまりなく好きに書いてます。

2015年9月は大阪33年ぶりの寒さ、岡山50年ぶりの真夏日0…を自分で調べてみた

calendar

reload

根拠を自分で調べる

最近、永江さんのファンになり、ブログ読みまくり影響受けまくりなのですが、「自分で調べる」「根拠を示す」という所、やってみました。

10月中旬に冠雪したところからの、今年の異常気象っぷりプッシュから

●●年ぶり!! と猛プッシュしてくるのでどんなものなのかと調べてみました。

検索ワード「平均気温」→気象庁のサイトへ

平均気温でググるとポンポン気象庁のサイトが出てきました。初めて見ましたが、過去の日本各地の気象データが自由に見れるんですね。無料で。嬉しい限り。

過去の気象データ・ダウンロードというページがあり、場所・期間・項目etc指定してCSVで取得出来るようです。何だすげー簡単ですわ。

全項目やるのは手間だったので、表題にした大阪と岡山の2つだけ整えてグラフにしてみました。

大阪 9月の平均気温推移

どん。

9月平均気温@大阪

19世紀からのデータが積み上がってるとは思いませんでした。まさにビッグデータ。33年ぶりの平均気温の低さとは何か、と言うと、「1982年に22.9℃を記録して以来」、という意味なんですね。

1990年代に23.3℃を2回記録しているとは言え、大局的な温暖化傾向から逸脱するような低さであることは間違いないのですね。

岡山 9月の最高気温

どどん。

9月最高気温@岡山

50年ぶりの真夏日0日とは、「1965年の真夏日0日以来の記録」のようです。(ちょっと分かりづらいですが、2015年の数字が無いわけではなく、0なのです) 最高気温平均も並べてみましたが、30℃超の年も散見される中、27℃はパット見低めです。

「だから何?」 ですけどね

テレビは少なくとも嘘はついてなかったようです(笑)。まぁインパクトのある数字を持ってくるように、47都道府県の各データから作為的に選んだんでしょうけど。(まぁその程度は一般的な魅せ方かなと思います)