ギリギリマイマイ

SELFI.SHドメインが自慢のウェブサイト。ガジェット、ライブ、税金、子育てなどまとまりなく好きに書いてます。

THETA Sを修理に出したらRICOHの対応が素晴らしかった件について

calendar

言い忘れてましたが、THETA S買ってました

これホント面白いですね。稼働率高くて買ってよかったガジェットです。ですが。

何回かに1回、半面死ぬ

こんな画像になっちゃうんですね。 noise

なんじゃこりゃと。

等倍するとこんな感じ。noise2

実は買った当初からちょいちょい出てた症状なんですが、Wi-Fiの接続が不安定なせいなのかな、と甘くみてあげてました。が、どうにもおかしいと。Wi-Fiじゃないのに出たり、出るカメラが内側だったり外側だったりするので仕様ってレベルじゃないと思い、修理に出しました。

保証期間内ですんなり新品交換

買って半年も経っておらず、保証期間内。さらには向こうで症状も確認出来たということですんなり新品交換と相成りました。

応対のお姉さんが「2週間程度で店舗へ届くと思います」って言うから「新品送るだけで2週間って遅くないですか?」と噛みついたおかげか、2日程度で店舗に届き回収しました。

思わぬ気遣い

帰ってきた包みを開けると、渡した本体、保証書、診断書、に加えて、お手製なDVD-Rが入っておりました。

DVD-R from 修理終えたTHETA

もしやと思い中を見てみると、nakami

なんということでしょう。THETA内の画像データではありませんか。修理に出す時点でまっさらになることは覚悟していたので、事前に全データを退避させておきましたが、まさか帰ってくるとは思わず。

RICOHさんの気遣いにほっこりしたのでした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す