ギリギリマイマイ

SELFI.SHドメインが自慢のウェブサイト。ガジェット、ライブ、税金、子育てなどまとまりなく好きに書いてます。

心拍数が測れるアクティビティトラッカー(活動量計)が欲しいが一長一短で悩み中

calendar

スポンサーリンク

Withings Goなくして新しいのが欲しくなった

さすがに出てこないので諦めますが、何ヶ月か前に愛用していたWithings Goを無くしまいまして。いい加減歩数カウント出来ないのが寂しいので買おうかなーと思っていたのです。

スポンサーリンク

製品スペックレビュー目次

そもそも変な使い方をしていた

4回乗り換えてWithings Goを使ってる私が考えるアクティビティトラッカーの良し悪し

過去記事で愛用しているように書いていますが、不満あり。「腕時計型はオススメしない」と書いてるのに結構腕時計モードで使っていました。何故ならWithings Goたんは腕時計モードそうでないモードのどちらかを指定する必要がありまして。
この「自由な持ち歩き方でOK!」的な感じですが、どの状態で使っているかを指定する必要があります。そして、睡眠トラッカーとして機能するのは腕時計モードだけなのです。

「普段は別の腕時計をしたい」と「睡眠トラッキングしたい」を両立するには、腕時計モードで寝て起きた後にそうでないモード切り替えてポケットに突っ込み、寝る前には腕時計モードに戻して腕につけておく、と。はい無理ー面倒でしたー。結局腕時計モードでほぼ常用していたのでした。

トレンドの心拍計つきが欲しいものの決められず

で最終的には無くしまして。部屋の奥から出てくるかもしれませんが。ライフログに穴が空いているのでそろそろ新しいガジェット欲しいなー最近流行りの心拍計機能もいいなーどれにしようかなーとあれこれカタログスペック見たり、お店で展示品触ったりとしておりました。

色々調べていった結果、悪いところの情報も分かり始めて、エクスキューズがつきまくって、結局ポチるに至れず。。。ちょっとまとめますね。

fitbit Alta HR


良い点
・ユーザーが多い
・2017年4月24日 発売したばかりの新製品
・細身
悪い点
・細身なんだけどちょっと腕のサイズに合いにくい
・時計と同時には付けにくいサイズ
・階段の判定は無し

活動量計といえばfitbit

この記事書くためにウェアラブル×ASCIIの記事色々と読みました。
市場での存在感が一番あるのがfitbitなんだよなーと思って、探していたらASCII.jp:Apple Watch登場でも揺るがないウェアラブルデバイスの王者、Fitbitの中核はヘルスケアにある|末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢と言う2016年10月の記事を発見。

昨年春の「Apple Watch」のローンチは同社にとって脅威だったはずだが、Apple Watchはなかなか普及には至らず。2016年第1四半期のIDCによるウェラブル市場のデータをみると、Fitbitのシェアは24.5%で1位。

だそうな。話がちょっと反れますが、一次ソースが気になりましてちょっと探してみました。

調査元であるIDC(International Data Corporation)ってのは1964年設立IT系のアメリカの調査会社。日本法人も1975年に設立されていて歴史ありますね。確かにたまに目にする名前ではあったなぁと思っておりました。

2016年第3四半期 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表 – IDC Japan
2016年12月発表の調査から。第3四半期なんで2016年7・8・9月分と言うこと。アップルのシェアがトップを占めているグラフがあって違和感があったのですが、

あくまでスマートウォッチ分野の話でした。母数が少ないとこの話ですね。

んでこのIDC Japanの発表も一次ソースじゃなくて、親会社のIDC調査レポートを元にしていると。
Fitness Trackers in the Lead as Wearables Market Grows 3.1% in the Third Quarter, According to IDC – prUS41996116
やっと辿り着いた感。

2017年3月発表の2016年10・11・12月の調査結果がこちら。
2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表 – IDC Japan
Wearables Aren’t Dead, They’re Just Shifting Focus as the Market Grows 16.9% in the Fourth Quarter, According to IDC – prUS42342317

ウェアラブルデバイスの出荷台数ベースでfitbitがトップだと示しています。2016年第4四半期においては19.22%のシェア。アップルは13.61%でした。ユーザーが多いってのはサードパーティグッズ等も充実してくるのでかなりの強みなんですよね。日本製スマホのカバーは数えるほどしか無いけど、iPhone用のカバーは山ほどあってイイヨネってのと同じ理屈です。

出たばかりの新製品。これから新色も。

日本では4月に発売したばかり。6月にはもう新色を出すアナウンスが。ASCII.jp:Fitbit Alta HRにガンメタルと22kローズゴールドメッキ登場
ローズゴールド、肌の色に近くて印象が和らぐので良いかも。女性らしさが強いので合わないかもしれませんが。触って見たいですねぇ。

サイズの少々難あり、か

先日店頭のモックアップ身につけてみました。

鍛え方が足りないのか、リストが細いようでしっくり来る締め付けにしても隙間が空きました。汗っかきで蒸れやすいので、これはこれでアリかもしれません。

世間の評判とCharge 2

Fitbit Alta HRレビュー:普通の人にとって、今買えるベストの活動量計|ギズモード・ジャパン
Fitbit Alta HRを1ヶ月使ってみてわかったこと~Charge HRとの比較~ | アイドリングタイム
Fitbit Alta HR と Charge 2 の違いをまとめる – もみあげあしめ
ずっと欲しかった活動量計「Fitbit Charge2」を買いました! ダイエットが捗りそう。
Fitbit Charge 2を半年間使ってみてのレビュー – conf t
ASCII.jp:半年荒く使っても問題ないFitbit「Charge 2」はひとつの到達点

次点でCharge 2も気になりました。階段判定が出来ますが、サイズが大きいので除外。半年使い続けてるレビューが多々あって、評判は良好なようです。

GARMIN vivosmart3


良い点
・2017年5月25日 発売したばかりの新製品
・階段判定アリ
・VO2maxってのが測れる
悪い点
手動で体脂肪率記録が出来ない
・時計と同時には付けにくいサイズ

ユーザー数は少なくとも良さげ。Alta HRの物欲を越えて買う気だった

米国では4月に発売済み。日本でも近日発売ということでスペック表見てかなり気に入ってました。前述のfitbit Alta HRでは省かれた階段判定もあり、なんだかよく知らないですけどVO2maxと言うものも測れると。これは買い!発売日を首を長くして待っていたのです。あることに気付くまでは。

体脂肪率の記録が手動では不可能

この事実を知ってしまって一気にケチがつきました。あまりフォーカスしてる記事を見ないのですが、こういったライフログガジェットはスマホ側の連携アプリや、ウェブからサマリーがどう見えるなどのソフト面での使い勝手がかなり重要だと思うのですね。

今回、本腰入れてアプリ入れて見てみました。各種。

GARMIN CONNECT


本当に体脂肪率が入力できない!!!致命的ですわ!!
純正の体重計(日本未発売)を使うとすんなり入るとか、iPhoneのヘルスケア経由?とか頑張らないといけないとか何とか。ライフログとして残すのに体重だけでは…。大変物欲が下がったものです。

fitbit


体重・体脂肪率が入力可能。但し日付のみで時刻には対応していません。

Withings Health Mate


体重・体脂肪率・コメントが記録可能で、時刻まで入力可能です。

JAWBONE UP


体重・体脂肪率。時刻まで。

という所で買う気満々だったところの出鼻を挫かれこの記事に至っております。う~~ん惜しい。。。

世間の評判。OLEDが暗い?

Garmin vivosmart 3レビュー 待っていたのはこのサイズ、このデザイン! | Because it’s there
気に入ってる方のレビュー。バイアスを自覚して読まないと物欲揺さぶられるので落ち着いて読みます。

価格.com – 『VO2Max』 ガーミン vivosmart 3 S [Black] のクチコミ掲示板
直射日光下では全然見えないとの。ちょっと心当たりはあって過去使っていたWithings Pulse O2がまさにそれでした。YouTubeに海外ユーザーのレビュー動画がたくさんあって色々見てましたが、見にくいようには見えなかったですが実際のとこは如何に。

Withings Steel HR

良い点
・見栄えが良く、時計として使える
・最もライフログが溜まっている
悪い点
・他の腕時計が付けられない
・安売り時を逃している
内側が曇る不具合

最もさり気なく時計として見えるアクティビティトラッカー

過去3機種使っているWithings。発表時から欲しいとは思っていたやつです。デザインを重視している会社というだけあって、いい感じなんですよねー。
ASCII.jp:便利なはずの「ウェアラブル」飽きる理由は1つだけ

他のバンドタイプのものが主張してしまうのに対し、この子は腕時計にしか見えないのです。抜群のステルス性。美しいですね。

じぇふの肉体的個人情報が最も溜まっている

デバイスが無くなってるいまでもGoogle fitと連携させて使い続けています。データ資産を継続して使うには、同じメーカーを使い続けた方が良いに決まってます。

腕時計の選択肢は無くなる

壊れるまで時計を変えずに使い続けないとライフログに穴が空いてしまいます。これは時計型の宿命か。

驚いたのが、fitbitは1個人に対して複数デバイスをサポートしてるんですね。

複数のデバイスをサポート
複数のトラッカーをひとつのアカウントにつないで、トラッカーの切り替えを Fitbit に自動で検出させることができます。そのため、 普段は目立たない Fitbit One を使用し、トレーニング中には Fitbit Surge を使用することができます。

これこれ。まさに欲しかったシチュエーションによってデバイスを使い分ける機能ですわ。Withingsには無いのです。。。一長一短とはこのこと。

4/26だけ安かった


セールで16,000円台になったんですけど、その後すっかり通常価格に。今の価格は約2万円。うぬぬ。

セール逃したけど買う! え、内側が曇る?


結局私の心を掴んでいたWithings(もうすぐNokia?)を採用し買おうと思っていたところ、悪い話が目に入ります。内側が曇る不具合が多発していると。
Amazon.co.jp レビュー
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Withings スマートウォッチ Steel HR 36mm ブラック 【日本正規代理店品】 HWA03-Black36-Asia
Amazon.com レビュー
Amazon.com: Customer Reviews: Withings Activite Steel Hr Black (36mm) Activite Steel Hr (36mm),

湿気の多い部品を含んでたのか、外の湿気が入ってしまうのか。何にせよこれは製品としては致命的な不具合です。いかんせん不具合報告が多すぎる用に見えます。サイレントマジョリティを鑑みても、5%くらいの確率で発生しているように見えます。95%の当たり(勝手な推量)を信じて買うのも手段の一つ。不具合交換に面と向かって応じてもらうには店頭で買った方が良いかもです。ぐぬぬ。

心拍測定・睡眠記録がすごいスマートウォッチ「Withings Steel HR」を開封レビュー。防水性、バッテリー持ちも満足。 – +ログ
「Withings Steel HR」が到着!開封の儀と設定までをレビュー! – Punksteady
Withings Steel HR購入&開封レビュー | りぐん怪獣じゃないもん!

JAWBONE UP3


良い点
・腕時計と同時に使える細さ
・安い
悪い点
・ベルトがちぎれやすい
・ユーザー少ない

👆大体こんな感じ

既に買う気は無いのですが検討した一つです。今シルバーが6,800円と激安。初めて試してみたいって人には良いかもしれません。でも、壊れやすいみたいです。やめた方がいいかもしれません。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 【日本正規代理店品】Jawbone UP3 ワイヤレス活動量計リストバンド 睡眠計 心拍計 シルバークロス JL04-0101ACA-JP
Jawbone UP3を買った – nokの雑記
Jawbone UP3レビュー:無残な失敗|ギズモード・ジャパン

MISFIT RAY


良い点
・腕時計と同時に使える細さ
・安め
・オシャレ
・電池長持ち
悪い点
・心拍計は無い
・ユーザー少ない

見た目は一番良いと思います。腕時計と合わせるとぶつかって傷ついてしまうようですが。腕時計が無事なら許容範囲かと。

【レビュー】MISFIT RAYを1ヶ月使ってfitbit Altaと比べてみた | SILVER GYM[シルバージム]
購入から3ヶ月。Misfit Ray その後。 | モノ好き。ブログ
活動量計「MISFIT RAY(ミスフィットレイ)」を選んだ理由と使用した感想! – 育児パパの手探り奮闘記

Xiaomi Mi Band 2


良い点
・超安い
悪い点
・日本で正式ロンチしていない

ワールドワイドの出荷台数では世界2位のシェアがあるようですが、日本においては知名度が低いです。とは言え実売3,000円はコスパ最強。訴求力半端ないですね。Amazonでもランキング1位でした。こいつは本当に初めての方にアリかもです。

心拍数も測れる多機能活動量計ウェアラブル「Xiaomi Mi Band 2」使用レビュー | AndMem
生活をロギング!Mi Band 2はどう進化した? | tomokinのガジェット説明書 -ともせつ-


いやーようやくまとまりました。まとめたい欲は満たされたんですけど結局買うのが決まってません。悩み続けます。。。