ギリギリマイマイ

SELFI.SHドメインが自慢のウェブサイト。ガジェット、ライブ、税金、子育てなどまとまりなく好きに書いてます。

Panasonicの脱毛器ソイエが壊れたので分解して直した

calendar

シュルシュル回っていたのが、ガッツガッツ回るようになってしまいまして。明らかにギアトレインに何かあったなと察して分解してみました記録。

スポンサーリンク

壊れたのはES-ED62の小さい方のヘッド

脱毛器 ソイエ ES-ED62 商品概要 | ボディ・フットケア | Panasonic

既に生産終了製品だったのですね。最新機種は持ち手が細くなったようで


ワキ・ビキニラインよう脱毛ヘッドのディスク周辺の中身を見るべく、バラしました。

分解開始

では早速ドライバー片手に中身見ていきます。

ビス頭が2つ見えるので外します。

カバーが外れました。

ギアが2つ剥き出しになったので、

外します。

またビス頭が2本見えるので外します。この辺り元はグリスが多く、埋もれて見つけにくい状態でした。

ディスク部周辺のギアボックスが外れました。

ギアボックスの分解へ

この状態でディスク側から指で回そうとしても特定の所で止まります。

この中に問題があるのは間違いないですね。先へ進みます。

ビスを1つ外します。

板金を外します。

外せました。

勝手にベアリングっぽいものも外れましたが無視していきます。
またこの板は1対ありますが、片方だけで大丈夫です。

これでギアボックスのカバーが外せました。

メカメカしているところから、ディスク×2とギアを外します。

外せました。

内カバーを外します。

外しました。

見っけ! ↑よく見るとギア歯面がおかしいのがいます。

このギアです。

過負荷がかかったのか歯が欠けてました。欠けた破片が噛み合いの邪魔になってしまっていたと。分かりやすい状況ですね。

破片を取り除きました。

欠けた歯がどれだけ耐えるか分かりませんが、引っかからずスムーズに動くようになりました!

復元組み立て

分解した逆順に一つずつ組みます。
ギアボックス状態でもスルスル回るのを確認出来ました。

分解する過程でグリスを拭き取ったりしてしまったので隅っこに寄せられているグリスをギアに持っていってあげて少しでも長持ちするようにおまじない。電源入れて以前の様にシュルシュル回るように戻りました。満足です。

世間にはもっと分解してる人いる

本記事作るにあたってググって見た所目に入った2013年の記事。
みら太な日々: soie を修理する → やっぱり改造になってしまいました

モーターの改造!電気電子方面は疎いので真似出来ないですわ。

 

換気扇の分解以来の家電分解記事でした。意外とイケますねw またネタになるようなものあれば記事にしてみます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




Top